自分が住んでる地方銀行でつなぎ融資を借りて、住宅ローンの経費を浮かそう

・つなぎ融資、経費がかかりすぎるのが難点

 

家を買う際に、住宅ローンを組むことだと思います。ですが、住宅ローンは、建物を担保にして借りるものだということを理解していますか!?高額のローンになりますので、銀行側も不動産の担保がなければ、お金を貸してくれないのです。では、それが土地から家を建てる注文住宅の場合はどうでしょうか。注文住宅を建てる人は多いです。ですが、土地にまだ建物が建っていない状態でお金を借りようと思っても、担保がなければ銀行は住宅ローンを貸してもらえません。そのため、住宅ローンを借りる前に、一旦ローンを借りなくてはならないのです。それが、つなぎ融資です。

また、建物の代金なども、事前に工務店に3~4回に分けて支払う必要があります。なぜなら、工務店側は材料を仕入れる必要がありますし、人件費も発生するからです。

着工金、中間金の名目で、支払いをしなくてはなりません。だいたいのケースにおいて、建物代金の約3割ほどであるケースが多いようです。3割といいますと、建物が2500万円の場合は、750万円となります。このお金を現金で払うことができない場合、つなぎ融資で借りることになります。

つなぎ融資を借りると、いろいろ手数料が発生します。通常の住宅ローンと比較すると、つなぎ融資は金利が高いのです。また、融資事務手数料なども諸費用がかなり発生します。印紙代もかかります。また、住宅ローン控除も使えません。住宅ローン控除は、住んでいる家に対する控除ですので、まだ着工段階のつなぎ融資の場合は、住宅ローン控除を受けることができないのです。

つなぎ融資は、たとえば、2,500万円借りる場合、印紙代などももろもろ含めて、25万円ほどお金がかかります。この25万円の支払いが困難、もしくはできる限り手持ちの資金を残しておきたい場合、フリーローンを借りることになります。家を建てる際に、できる限り不測の事態に備えて現金を残しておくことは重要ですが、フリーローンは金利が高めでしかもリボ払いです。返済が非常に長引きますので、できればきりのいいタイミングで一括返済すると良いでしょう。そもそも、この25万円のつなぎ融資の手数料すら払えない状態で、つなぎ融資まで借りて注文住宅を建てるべきではありません。注文住宅は、ある程度、自己資金にゆとりを持てるようになってから、建てるようにしましょう。

ただし、この25万円を、後払いしてくれる銀行もありますので、銀行に相談してみましょう。

 

・地方銀行のつなぎ融資を借りてみよう

 

さて、つなぎ融資をどこで借りるかによって、トータルで支払う額は大きく異なります。銀行によって融資利息が異なり、より有利な条件で家を建てること、よく住宅ローンやつなぎ融資などの金利をしっかり考えることなどが必須となってきます。そこで、つなぎ融資の部分だけ、地方銀行で借りてみませんか。

地方銀行でつなぎ融資を借りるとき、必ず、店頭で金利を確認しましょう。インターネット上よりも、店頭のほうが、はるかに金利が安い場合があります。

そして、実際に引き渡しになるタイミングで、ソニー銀行などの金利の安い住宅ローンに借り換えるのです。これで、大幅に手数料を節約できます。地方銀行や信金などの場合、建物を引き渡す前のローンに対応していますので、そちらで融資を受けましょう。ですが、いくら地方銀行が金利は安いといっても、ネット銀行には及びません。そのため、土地代、着工金、中間金などについて、地方銀行で借り入れるのです。そして、建物引き渡しが終わった後に、ネット銀行に借り換えるとお得になります。

 

・地方銀行で返し続けるのもおすすめ!

 

もちろん、地方銀行のまま返済し続けても構いません。

金利は、先程述べたように、必ず店頭で確認して下さい。インターネットよりも良い条件で出ていることがあります。また、地方銀行はいまあなたがお住いの地域に必ずありますので、そちらで借りてみると良いでしょう。もちろん、地方銀行だけでなく、信金、ろうきんなどで借りても良いのです。地方銀行は地域密着型なので、倒産の恐れが少ないですし、安全で安心です。いまは貸出を拡大している地方銀行が多いので、融資もそれほど審査が厳しくありません。地方銀行でつなぎ融資を借りて、着工金、中間金を支払い、そのまま返済をつづけるのです。工事期間中は、金利だけの返済で良いパターンが多いようです。

 

・借り換えは、地方銀行の担当者と気まずくなる!?

 

つなぎ融資は、そもそも銀行での住宅ローンとセットになっているものです。そのため、予定通り住宅が完成して、スムーズに返済をしていくことを目的としています。問題なく住宅ローンが融資されることを前提として組まれるのが、つなぎ融資となります。そのため、住宅ローンの契約が、つなぎ融資の時点で終わっているケースが多いと考えられます。まだ支払いをしてないので、家を建てている間は住宅ローンが始まっていないように錯覚しますが、それは金利だけ払っている状態で、実際には住宅ローンは実行されています。この時点で、住宅ローンを解約することは、ちょっと難しく、すぐにはできない可能性があります。解約することはできなくもないのですが、つなぎ融資と金利のお金をそのまま即時返済する必要が生じます。

そのため、住宅が完成するまでは、借り換えは考えないほうが良いでしょう。冒頭で説明しましたとおり、住宅ローンは完成した家が担保となるものですので、計画通りに家が完成し、登記などが終わった後に、借り換えを検討してみると良いでしょう。

つなぎ融資(住宅ローン)の借り換えは、抵当権の付け替えが発生します。また、保証料などもかかってきます。多少は自由になる現金が必要です。フリーローンなどを使う手もありますが、いきなり数十万円のお金を借りることは抵抗があり、金利も10%台とそこそこ高いので自己資金がおすすめです。自己資金は多めに準備しましょう。

そして、借り換えを行うと、地方銀行の担当者と気まずくなる可能性が考えられます。銀行の担当者も人間なので、自分のところで住宅ローンを借りてくれるからこそ、親切にいろいろ世話を焼いてくれていたのです。それが、手数料や金利が入ってこない繰り上げ返済をされて、他の銀行の、しかもネット銀行の住宅ローンに借り換えたたら、良い気分はしないでしょう。今後、その地方銀行からの融資は難しいと考えたほうが良いかもしれません。たとえば、会社を経営することになって、ビジネスローンが必要な場合。また、自動車を買おうと思ってディーラーローンは金利が高いので銀行ローンを組もうと思った場合。また、フリーローンなどであれこれ借りたいと思った場合などなど。そのつなぎ融資の借り換えがひっかかって、その地方銀行でローンでの審査が、通りづらくなった、ということもなきにしもあらずです。決して、返済を遅延するわけではないので、信用情報がブラックになるなどのことはないのですが、つなぎ融資という大きな金額の融資の場合、地方銀行の側もリスクを取って融資しています。そのリスクに見合わない行動を取ってしまった場合、その地方銀行との今後の付き合いは、絶たれると考えたほうが良いかもしれません。もちろん、借りれなくなるというわけではないのですが、他の銀行でのローンを検討したほうが良いでしょう。やはり信頼関係を裏切ることになりますので、ご利用は慎重にされると良いと思われます。

 

・それでも借り換えして手数料を浮かせたい場合

 

たとえば、新生銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行など、魅力的な金利の住宅ローンを提供している銀行があります。金利も安く、繰り上げ手数料も少なくて、ぜひそちらで借りたいと思うことがあるかもしれません。

通常、つなぎ融資とはいえ、金融機関が許可を出さないと、着工はできません。ローンを組むあてがないのに、見切り発車では工務店も仕事をしてくれないのです。着工がスタートした物件の場合、その他の銀行に住宅ローンを申し込むことはできません。すでに着工してしまっているので、審査のしようがないのです。つまり、一旦、住宅を完成させてから、借り換えとして、住宅ローンを借りると良いでしょう。

 

・借り換えをする際の注意点

 

地方銀行で借りて、新生銀行などに借り換えする際に注意点がいくつかあります。まずは、つなぎ融資を実行するのに、銀行は結構な手間をかけています。審査、手続き、印紙などの処理が必要となってくるので、つなぎ融資だけでは地方銀行に利益はあまり出ないのです。

そのため、最初から借り換える前提で話をしてはいけません。地方銀行の側も、借り換え前提で話をされると、融資が難しくなってしまいます。

また、つなぎ融資を受けるのと並行して、新生銀行やソニー銀行に住宅ローンの審査を申し込んでおいたほうが良いでしょう。できれば、先に金利の安い住宅ローンを通しておいたほうが、良いと思われます。先に金利の安くて条件の良い住宅ローンに通っておかないと、あとから借り換えしようと思っていても、審査に落ちてしまったら、パニックになってしまいます。また、早めに行動するべく、条件の良い方の住宅ローンは先に通しておいたほうがよいでしょう。

借り換えに関しては、家族や親戚、友人・知人が働いている銀行で、この借り換え手法を使うのははばかられますね。銀行から見てあまり気分の良くない行為なのは自覚した上で、それでも支払う金利を引き下げたい!という思いがあるのであれば、実行してみて下さい。

地方銀行は、ネット銀行に比べると、正直つなぎ融資の金利は高いです。そのため、新生銀行などで借り換えすると、金利を安く抑えることができますし、繰り上げ手数料も少ないです。

 

・まとめ:地方銀行でつなぎ融資を借りて、住宅ローンの経費を浮かしてみては!?

 

地方銀行でつなぎ融資を借りて、その後、有利に自分の支払いを行っていく方法を提案しました。

地方銀行では、繰り返しになりますが、必ず店頭で金利を確認して下さい。インターネットに表示されているより安い金利で借りられるケースがあります。その場合は、特に借り換えしなくとも、地方銀行で安く借りられるかもしれませんので、一度店頭で確認してみることをおすすめいたします。

また、借り換えを検討している場合は、そのことが借りている地方銀行に知られないようにしましょう。あまり良い印象を与えません。

ただし、うまく新生銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行などのインターネット専業銀行で借り換えることができれば、大幅に金利が安くなりますので、検討してみる価値はあります。最初から地方銀行一択で考えるのではなく、いろいろな選択肢を持って、銀行の住宅ローンを比較検討してみると良いでしょう。

静岡県磐田市では、ふるさと納税でピアノがもらえる!

音楽をしている人におすすめ!のふるさと納税楽器の返礼品

 

ふるさと納税、していますか!?所得があった人は、所得税がかかりますよね。そのおさめた所得税に応じて、限度額があるのですが、いろいろな自治体に寄付することによって、2,000円をのぞいた金額がバックされます。そして、豪華な返礼品が送られてくるのです。つまり、豪華な返礼品を実質2,000円で手に入れることができるのです。

 

非常にお得なふるさと納税は、あっという間に全国の人に広がり、制度としてメジャーになりました。あなたの周りでも、ふるさと納税、している人は多いのではないでしょうか。

そんなふるさと納税ですが、基本的には米や肉など、食べ物が人気です。全国各地の自治体に寄付するため、各地方の名産などを返礼品にしていることが多いのです。日本は地方の美味しい空気と水で作られた食べ物が豊かですから、全国の美味しい食べ物を食べてみたいと思うのは当然ですね。

 

ですが、ふるさと納税は、一味違った楽しみ方もできます。たとえば、静岡県磐田市には、楽器メーカーのYAMAHAがあります。YAMAHAが存在してるので、磐田市にふるさと納税すると、楽器がもらえるのです!これは、音楽をこれから習おうとしている人、バンドを組んでいる人、音楽が純粋に好きな大人などに非常におすすめです。お子さんにピアノを習わせたいと思っている場合にももってこいですね。

 

それがなんと、実質2,000円でもらえるのですから、ふるさと納税しない手はないのです。楽器や、スピーカー、イヤフォンなど、ここでしかもらえないオリジナルの音楽関係機材が手に入ります。特に、静岡県磐田市では、YAMAHAのピアノがもらえるのです!これはミュージシャンに非常におすすめです。

 

静岡県磐田市では、132万円の寄付でピアノがもらえる

 

静岡県磐田市では、YAMAHAのピアノがもらえます。寄付額はなんと132万円!かなりの高額ですが、もともとも販売価格は、56万円のピアノです。132万円を寄付しようと思ったら、3,000万円~5,000万円程度の年収が必要です。かなりの高額所得者でないと、2,000円だけ自己負担で全額控除、というわけにはいきません。あとは、年収2,000万円程度でも、寄付額は夫婦ふたりで子供がいる場合に、52万円分の控除になりますので、のこりの80万円が自己負担となります。

 

しかし、もともとのこのピアノ、カワイライトアップピアノK-200が56万円ですので、年収3,000万円以下の方の場合は、ふるさと納税を使わず、ヤマハからピアノを直接購入したほうが良いでしょう。ふるさと納税の場合は、調律一回分がついてくるとはいえ、132万円は高額です。

 

これは、ふるさと納税は納税額の1/3程度を上限とするという政府の意向がありますので、仕方ないのです。年収5,000万円で夫婦ふたりと子供がいる場合、200万ぐらい寄付枠がありますので、ピアノをふるさと納税でもらっても良いでしょう。

 

かなりの高額所得者になり、それなら寄附をしなくとも、ふるさと納税を使わなくともピアノが買えてしまう所得帯ですが、ふるさと納税も高額所得者になると、あちこちの米や肉をもらいつくしてしまって、枠があまってもったいない、というときに、ピアノで一気に枠を消費してしまうのは良いのではないでしょうか。

 

他にも磐田市はYAMAHAの楽器が豊富

 

静岡県磐田市は、YAMAHAがありますので、楽器の返礼品がとても充実しています。エレキギター、フォークギター、サックス、クラリネット、サイレントバイオリン、デジタルピアノ、トランペットなど、さまざまな楽器があります。ピアノほど高くはありませんが、返礼品として準備されていますので、音楽をたしなむ人であれば、磐田市の返礼品をおすすめします。

 

また、YAMAHAがありますので、磐田市では原付のバイクなども返礼品として準備されています。非常にユニークなラインナップになっていますので、磐田市の返礼品をぜひチェックしてみて下さい。

 

その他、音楽関係の機材が豊富な自治体

 

長野県岡谷市も、音楽メーカーがあり、オーディオセットやヘッドフォン、アンプ、和太鼓などの変わった返礼品が数多く準備されています。京都府大山崎町では、Bluetoothポータブルスピーカーなどがあります。充電式で、表でもつかえるのでおすすめです。スマホとワイヤレスでつながるので、非常に便利です。Bluetoothイヤフォンやハイレゾ対応ヘッドフォンなどもありますので、大山崎町はおすすめです。

 

オーダーメイドイヤフォンをオリジナルでも

 

鳥取県倉吉市では、耳の型を採取してゼロからつくるオーダーメイドのイヤフォンがありますのでおすすめです。倉吉市で生産しているアイテムのため、倉吉市での返礼品にもちいられているのです。寄附金額は15万円となっていますので、ピアノのように手が届かないわけではありません。完全オーダー品で、耳型を採取するところからスタートします。コンパクトにオンキョーのサウンドテクノロジーを軽量ボディに費やし、低音から高音まで、幅広くナチュラルに再現できます。

 

一万円から、音楽の町・浜松

 

音楽の町、静岡県浜松市では、楽器などを比較的安価に手に入れることができます。寄付額1万円で、CD・楽譜付きハーモニカ組み立てセットなどをもらうことができます。自分でハーモニカを組み立てて、音がどのように鳴る仕組みなのか学ぶことができるものです。お子さん向けの学習教材にも最適で、ポケットサイズの小さなハーモニカを組み立てることができます。

 

CDなどには曲の解説、冊子には演奏のワンポイントアドバイスなども掲載されています。全10曲が掲載されており、さまざまな曲で楽しむことができます。1万円の寄付で、ハーモニカを楽しむことができます。お子さんの情操教育にぴったりですね。また、大人の人が個人で楽しんでも良いでしょう。

 

同じく浜松市の「和楽器の世界を楽しもうセット」では、伝統の縦笛がもらえます。浜松市で生産された縦笛で、深い味わいを持った音を再現できます。セットになっているので、楽曲も曲集が2冊ついてきます。

 

一冊は、数字の楽譜になっているため、五線譜が読めない人でも安心して縦笛を楽しむことができます。ついてくる冊子は基本的な楽譜の読み方から、演奏方法まで網羅されていますので、初心者の方でも縦笛を楽しむことができます。

 

こちらの和楽器も、1万円の寄附でもらうことができますので、比較的手に届きやすい価格帯です。1万円の寄付なら、どなたでも行うことができますので、簡単に手に入れることができます。

 

意外と穴場?楽器を頼む人はレアなので競争率低し

 

ふるさと納税の返礼品として、人気なのはなんといっても各地の米やお肉です。そして、楽器を返礼品もらう人はあまり多くないと考えられます。そのため、品切れになることが少なく、穴場であると考えられるのです。楽器を頼む人はレアなので、競争率も低く、狙い目です。

 

日本には、全国各地にさまざまな名産品があります。静岡県を中心として、磐田市、浜松市などは楽器の名産地なのです。音楽の町にふるさと納税して、楽器の返礼品をもらいませんか。音楽が好きなあなたにおすすめです。

 

ミュージシャンの方でも、お子さんに音楽を学ばせたいと思っている親御さんも、現在大人で、あらためて音楽をたしなみたいと考えている人にも、あらゆる人におすすめなのが、楽器の返礼品です。高額になるケースもありますが、高額所得者でふるさと納税の枠があまって仕方ないという人にもおすすめです。

 

ふるさと納税で楽器の返礼品をもらいましょう!生活を文化面で向上してくれます。音楽は日常にうるおいを与えて、生活の質を高めてくれます。楽器などの返礼品をもらって、人生のクオリティをアップさせましょう。

 

静岡県磐田市ではギターもおすすめ

 

静岡県磐田市では、ギターの返礼品もおすすめです。フォークギター、エレキギター、クラシックギターなど、さまざまなギターをYAMAHAが生産してますので、それらを寄付の返礼品としてもらうことができます。ギターはどれも、11万円の寄付額でギターがもらえます。

 

返礼品は45,000円程度なので、寄付額が足りない場合は、直接YAMAHAで購入したほうが良いのですが、11万円ぐらいの寄付額の場合は、ある程度所得があって、ふるさと納税の枠が余っているけれど、米や肉はもう飽きてしまった、というような枠を余らせている方におすすめです。

 

はじめてのギターや、2本めのギターなどにも、磐田市の返礼品のギターはおすすめです。ギターに興味があるけれど、わざわざ新品を購入するほどでもない、でも、ギターが返礼品でもらえるのであれば、ギターがどのようなものか試してみたい、というような方に最適の返礼品となります。

 

ギターの返礼品の還元率ですが、35%から40%程度となります。それほど高額の返礼品ではないのですが、還元率は国の指導にならって、そのぐらいの価格帯となります。

 

 

磐田市といえば、、、高額返礼品も

 

楽器ではないのですが、YAMAHAがあるということで、バイクも返礼品として提供されています。そのバイクなのですが、YAMAHA NMAX125CCというバイクです。中型のバイクで、二人乗りも可能です。YAMAHAのおすすめバイクとなります。

 

定価は56万円で、66万円分の寄付でもらうことができます。還元率はなんと85%となっています。YAMAHA製品ですので、品質も折り紙つきです。高額返礼品は、今後、国によって規制されていく可能性がありますので、早めに申込みしましょう。

 

ただし、YAMAHAのバイクは、YAMAHAというメーカーの本社がある静岡県磐田市ならではの、ある種の“特産品”です。いま、国によって高額返礼品として規制されつつあるのは、パソコンやiPadなどの、どこで買っても同じで、なおかつ高額で転売できる品や、換金できるチケットなどです。YAMAHAのバイクは、YAMAHA本社がある磐田市ならではの返礼品ですので、規制されるかどうか、まだわからないので様子見ですね。

 

まとめ:楽器をもらって文化的な生活を送ろう!

 

楽器をもらえるふるさと納税をみてきました。ギターやピアノなど、生活を文化的に高めてくれる楽器は、音楽を愛するすべての人におすすめです。ぜひ、楽器をもらって、生活を豊かにしましょう。楽器をもらうには、ある程度の収入がある必要があります。

 

まとまった額の枠をもっているのであれば、ぜひピアノやギターなどがおすすめです。生活に潤いを与えてくれて、家族の絆を高めてくれます。音楽のある暮らし、良いと思いませんか。ぜひ、ふるさと納税して、楽器を返礼品としてもらいましょう!

つなぎ融資の審査、カードローンは解約しておいた方が良い!

つなぎ融資の審査って、カードローンは関係あるの?

 

注文住宅を建てるにあたって、つなぎ融資は必須となります。銀行の住宅ローンやフラット35を借りる際に、高額のローンになるので、物件が担保となります。注文住宅は土地の購入や工務店の支払いに、つなぎ融資が必要となります。

 

当然ですが、高額の融資となるため、銀行による厳密な審査が行われます。

そのつなぎ融資の審査において、カードローンはどの程度重視されるのでしょうか。

実は、つなぎ融資の際に、カードローンも審査の対象となります。

 

正確には、審査をするときに、信用情報というこれまでの分割払いやローンのデータベースが利用されます。

信用情報は、あなたが最初に作ったクレジットカードから、最新の分割払い、そしてスマートフォンの割賦販売にいたるまで、あなたの社会的信用が記録されています。

この信用情報を使って、銀行はつなぎ融資の審査を行います。

 

その際に、カードローンの契約がある場合、つなぎ融資の審査が不利になるケースがあります。

 

カードローンは、契約しているだけで信用情報の記録に残ります。カードローンには、枠があります。いくらまでなら、カードを使って自由に引き出すことができる枠です。その枠が、現在の借り入れ金額と見なされてしまうのです。たとえ、いま使っていなくとも、カードローンを契約しているだけで、つなぎ融資の際には、他社で借り入れているのと同様に見なされてしまいます。

 

なぜ、借りていないカードローンが借り入れとみなされるの?

 

なぜ、使ってもないカードローンを契約しているだけで、借り入れとみなされてつなぎ融資に不利になってしまうのでしょうか。

 

それは、カードローンはクレジットカードとは違い、現金を借り入れるものだからです。現金を調達しなければならないシーンというのは、自分の手元に自由になるお金がないケースです。つまり、いま、お金がないから、カードローンを借りるわけです。現金を持っていないことが、カードローンを契約していることから明らかになります。

 

カードローンを契約しているということは、お金がないということであり、そのような状態では、つなぎ融資や住宅ローンを借りても、返済不能になってしまう可能性が高まります。つなぎ融資は、土地や建物などの不動産担保を取らない高額の借り入れになるため、あまりリスクの高い人には貸し出すことができないと銀行も判断するのです。

 

カードローンは、専用のカードを使って、ATMからいつでも現金を引き出すことができます。そのため、つなぎ融資を受ける際に、いま借り入れがないといっても、すぐに引き出すことができるので、いつ借り入れをするかはわかりません。カードローンは目的が自由なフリーローンですので、金利も高く、多額の借り入れをしてると銀行は良い印象を持ってもらえません。

 

もしも、以前にカードローンを借りたことがあって、現在は使っていない場合は、いまのうちに解約しておいた方が無難です。

カードローンは、解約しておいたほうが、つなぎ融資の審査には有利になります。

銀行に対して、お金がないと思われると損をしますので、カードローンは解約しましょう。

 

それでもお金に困ってカードローンを検討している場合

 

それでもカードローンが使いたくて、契約している場合は、つなぎ融資のそのものの必要性を考え直したほうが良いでしょう。

つなぎ融資には、手数料などが必要です。金利もかかりますし、それらの諸経費は、最初のつなぎ融資では控除されて融資されます。つまり、諸経費を差し引いた額が振り込まれるのです。そのため、つなぎ融資を使おうと思ったら、自己資金でそれらの諸経費を補填しなくてはなりません。つなぎ融資を使う際には、ある程度の自己資金が必要となるのです。

 

自己資金は、家を建てるのに欠かせないものです。まとまったお金が用意できないのであれば、そもそも家を注文住宅で建てることそのものを考え直したほうが良いでしょう。

つなぎ融資や住宅ローンを受けるのに、自己資金を全額入れてしまう必要はありません。100%、住宅ローンで返済していっても良いのです。ですが、何かのときに備えて、ある程度の自己資金を持っていることは非常に重要となります。

 

いまは、金利が非常に安く、銀行で住宅ローンを組むことはメリットがとてもたくさんあります。

できる限りローンを組んで、自己資金はその他のお金が必要なシーンに取っておくというのも、金融リテラシーではないでしょうか。

 

しかし、いくら住宅ローンをフルローンで組むのがお得な金融情勢だとはいえ、カードローンに頼らなければならないほどギリギリの生活状況なのであれば、注文住宅を建てることそのものは延期した方がいいと考えられます。

 

注文住宅を建てるには、さまざまなお金がかかります。つなぎ融資にも諸経費がかかりますし、家を建てていく過程で、引っ越しなどのお金も発生するでしょう。さまざまな出費がかかりますので、カードローンでそれらをまかなうつもりなのであれば、そうしたことは控えて、しばらく貯金してから注文住宅を建てたほうがよいと思われます。

 

いま現在、カードローンを借りている場合

 

今現在、カードローンの残債が残っている場合は、つなぎ融資の審査の前に、完済を目指しましょう。とくに、消費者金融での借り入れがある場合は、つなぎ融資の審査にあまり有利になりません。むしろ不利になることがあります。

 

いま手元に完済するお金がない場合は、銀行カードローンで借り換えの資金を借りて、消費者金融のカードローンを完済しましょう。つなぎ融資を検討しているレベルの収入があるのでしたら、銀行カードローンの審査には問題なく通るはずです。せめてカードローンの残債がある場合は、消費者金融だけでも完済しておいたほうが良いでしょう。つなぎ融資の審査やその後の住宅ローンの審査において、消費者金融のカードローンが残っているというのは非常にマイナスポイントとなってしまいます。

 

できれば完済し、つなぎ融資の審査の前に解約しておいたほうが良いです。家を建てるには、さまざまなお金が必要となりますので、つなぎ融資を受けてからカードローンを借りるのであればまだマシです。最初は親戚や知人・友人などからお金を借りてでも、カードローンは完済しておいたほうが良いでしょう。

 

つなぎ融資とカードローンの関係

 

住宅ローンでとくにフラット35の審査に通っている場合は、つなぎ融資の審査はほとんど通ると考えていいでしょう。ただし、カードローンを今現在契約している場合は、審査に通らない可能性もあります。その場合は、住宅の契約を諦めるか、ローンの見直しをしなければなりませんので、つなぎ融資の審査には絶対に通る必要があります。万全を期すために、カードローンは解約しておいた方がベストなのです。

 

つなぎ融資も住宅ローンも、通常のカードローンと同じような審査が行われます。何をもっとも厳しく見られるかというと、返済能力です。どの程度、あなたが返済できるかをチェックしています。そのために、現在の勤務先での収入や、勤続年数、雇用の安定性、家族の持ち家区分なども見られます。当然ですが、過去の分割、ローンをちゃんと支払っているかなども見られます。その際に、他社の借入件数もチェックされますので、カードローンで借りていることはすぐにわかってしまいます。

 

 

着工金をカードローンで払うのもあり

 

つなぎ融資の審査に通らない場合に限ってですが、着工金をカードローンで払うのもありです。カードローンは金利が高いですが、つなぎ融資も期間が長くなるため、支払うその他手数料や金利の額は高くなります。そのため、つなぎ融資の審査に通らないのであれば、カードローンで着工金を払うのもありです。

 

カードローンは、銀行では審査が厳し目ですが、消費者金融では甘めです。カードローンの審査のコツは、定職についていることです。つなぎ融資を申し込んで注文住宅を建てようと思っているあなたのような人でしたら、問題なく審査に通ります。

 

銀行ではまとまった額のお金を借りることができるので、着工金の代わりとなります。着工金は平均して10%程度の額ですので、2,000万円の支払総額の家であれば、200万円ほどをカードローンで用意すれば良いこととなります。200万円のカードローンでしたら、それほど返済は困難ではありません。

 

返済額を最低金額にとどめておいて、家計簿の中で貯金していけば良いのです。手元貯金をたくさんして、一気に繰り上げ返済に回します。月に8万円をローンの返済に回せるとして、8万円そのまま返済に回してしまうのと、4万円を返済に回して、あとの4万円を貯金して、1年後に48万円を繰り上げ返済するのでは、完済へのスピードが異なります。もちろん後者のほうが完済ははるかに早いです。

 

銀行は、収入証明を出すことによって、比較的高額のお金を借りることができます。この場合も、審査がありますので、勤務先などに在籍確認の電話がかかってきます。カードローンの使いみちとして、「注文住宅のつなぎ融資のかわり」と書けば良いでしょう。

 

カードローンでつなぎ融資の代わりとする場合、自己資金もいくらか必要になります。さすがに、銀行も1000万円近いお金をいきなり貸してはくれないからです。ですが、最初の2回か3回を自己資金で支払って、残りの金額をカードローンで払うと良いでしょう。

 

先にカードローンを使ってしまうと、金利を支払う期間が長くなるので、先に自己資金を使って、足りない分をカードローンで埋めると良いでしょう。これはあくまで、自己資金が多めで、少し足りない、という方におすすめの方法です。カードローンで1000万円近く借りると返せない人は金利も膨大になりますので、注意が必要です。

 

まとめ:つなぎ融資の審査にカードローンは関係している!

 

つなぎ融資の審査時に、カードローンの契約が残っていると、審査で不利になることがあります。カードローンを使っている、使っていたということは、お金に困っている、困っていたということでもあり、返済能力に疑問符がつくからです。

 

カードローンそのものは、銀行の商品でもありますので、銀行側は利用を歓迎しています。ですが、現金を貸し出すサービスのため、どうしても対象はお金がない人に限られがちです。お金があまりに足りない場合は、そもそも無理して注文住宅を建てる、という計画そのものを、見直ししたほうが良いかもしれません。

 

家を建てる際には、引っ越しや新居の家具など、さまざまなお金がかかります。すべてを自己資金でまかなうのは無理ですが、すべてをローンで、というのもいつか返済に無理がきます。計画性を持って、ローンを使っていきましょう。

 

つなぎ融資の審査の際には、使っていないカードローンはすべて解約しましょう。解約してからまた契約してもかまわないので、つなぎ融資の審査のときに、カードローンを契約した状態になっていないことが大事です。忘れているカードローンなどもあったら、すべて解約するのが審査のショートカットです。

3社で10万ずつ借りるより、1社で30万借りたほうがいい理由!カードローンの複数利用は危ない!?

・カードローン、1社でまとめるのが基本です

 

カードローンでキャッシングするときに、どこに申し込もうか悩むと思います。アコム?プロミス?アイフル?モビット?それとも銀行カードローン?いろいろな選択肢があるので、迷うことだと思います。基本的には、一社に申し込んで、ダメだったら次の一社を検討して・・・という風に、順繰りに1社ずつ申し込んでいくのがいいでしょう。ですが、焦って複数社に申し込んで、その複数社で審査に通ってしまうことがあります。そうすると、手元にカードローンのカードが複数枚届くことになります。キャッシングの枠の範囲内で、複数社から借り入れできることになるのです。ですが、カードローンに関しては、基本的に一社にまとめたほうがいいでしょう。これからその理由を解説していきますので、参考にして下さい。

 

・一社でまとめたほうがよい理由:金利が安くなり上限が増える

 

カードローンの金利の仕組みをご存知ですか?金利は基本的に、枠がアップすればするほど、下がっていきます。たとえば、10万円なら18%だったものが、100万円なら12%などというように、いくら借りても借りた分の枠に設定された金額が、金利となります。

枠が増えれば増えるほど、金利は下がっていきます。そして、枠は現在の借入額に応じて増えていく可能性が高いのです。たとえば、借入枠15万円の枠を12万円使って、半年ほどコツコツ返していると、枠が一挙に50万円に増えて、金利も18%から16%に下がるなど。

このように、金利が下がりますので、これはあなたにとっても非常に有利になります。そのため、お金を借りたいと思うのであれば、まずは1社で集約しましょう。

同時に、限度額もアップします。そのため、借り入れできる金額の上限が増えるので、たくさんのお金をしかも低金利で借りることができるようになるのです。

 

・一社でまとめたほうがよい理由:それ以上の借り入れが困難になる

 

カードローンを申し込むとき、必ずといっていいほど、「他社借り入れ件数」を聞かれると思います。他社借入件数は、カードローンや分割払いのデータベースである信用情報に登録されています。統計の上でチェックしたとき、一社で借り入れしている人よりも、複数社で借り入れしている人のほうが、多重債務・債務整理になる確率が高かったという報告もあります。そのため、カードローン各社は審査における項目にかならず他社借り入れを質問し、カードローンの利用希望者が債務整理に陥らないことを懸念しています。これは、債務整理を行われてしまうと、カードローン会社は貸した分だけ丸損になってしまうことを考えると、当然の対処といえます。借りる側にとっても、債務整理はメリットが多い反面、デメリットも多く、公的に認められた人生やり直しの機会だからといって、そうはホイホイと債務整理できないという事情もあります。債務整理を避けるためにも、借りたお金を必ず期日までに返すためにも、一社でまとめて借りたほうがいいのです。

 

・一社でまとめたほうがよい理由:信用情報にも記載されるので申し込みしづらくなる

 

カードローンの借り入れは、信用情報にも記載されます。そこで、借り入れの申し込みを同時に行った場合、信用情報に登録されるのです。ですが、タイムラグがあるため、一度にA社、B社と申込んだ場合は、A社の申込情報はB社には伝わりません。しばらく、24時間程度経たないと、A社とB社の申込情報は相互に伝わらないのです。そのため、即日キャッシングなどができる会社の場合、ただちに審査する必要がありますから、他社にも申し込んでいるということがわかってしまった場合、数日待たされることがあります。他社での審査結果を確認してから、自社の審査を検討する、という形となります。

時間がかかってしまいますし、あまりに多くの業者に同時に申し込んでいると、不審がられてしまうことがあります。そのため、カードローンの審査は、基本的に1回につき一社が原則だと思っていただくと良いでしょう。一社落ちてしまったら、次にいけばいいのです。たとえば、モビットなどの場合は、事前に10秒簡易審査を行うことができます。10秒で、信用情報データベースも使ってかなり精密な審査が可能となりますので、それで落ちたら、また次のカードローンに申し込めば良いのです。

 

・一社でまとめたほうがよい理由:返済日が一本化される

 

借りるときには気が付かず、複数社で借りてしまうかもしれませんが、カードローン会社によって返済日は異なります。そのため、複数社で借りてしまうと、カードローンの返済日が毎月何度も訪れることになり、生活がとても大変です。仕事をしていなければなんとかなるかもしれませんが、仕事をしている場合などは本業のかたわらで、借金の管理に追われることになってしまいます。非常に面倒ですので、できれば返済日は毎月1日に絞り込みたいところです。どうせ30万円借りるのであれば、3社で10万ずつ借りるより、1社で30万円借りたほうが、返済日が1日になってストレスが減ります。返済はしなくてはなりませんが、それが一ヶ月の間に何回も来るとなると、かなりのストレスとなります。これは、延滞のリスクを予防する点からも非常に重要です。一ヶ月のうちに何度も返済日が来てしまうと、それだけ管理の手間がかかり、支払いを忘れてしまったり、返済が不能になったりなどのトラブルが発生してしまうリスクがあります。

 

 

・一社でまとめたほうがよい理由:返済額における金利の問題

 

3社で10万ずつ借りて、1万円ずつ返す場合、特に最初のうちは、支払額における金利の割合が50%近くにのぼることがあります。ところが、30万円を1社で借りて返した場合は、金利は18%のままで済むケースが多いのです。そのため、毎月の支払総額における金利の割合も異なります。金利の返済は、元本に充当されず、ただカードローン会社の利益になるだけの消えていくお金ですから、こちらとしては支払う額が少ないほうが良いのです。返済額における金利の割合があまりに高くなりすぎるため、元本がまったく減っていかないという問題点が生じます。そのため、一社でまとめて返済したほうが、返済額における金利の割合が比較的少なくて済むのです。

 

・カードローン、複数利用は危ない!?

 

では、ちまたでよく聞く「カードローンの複数利用は危ない」という噂は本当なのでしょうか? アコムに電話で問い合わせてみたところ、「ご利用いただけるかどうかは、総合的に判断しています」とのことでした。ですが、口コミ等を見てみると、やはり複数の利用を行っている人は、審査に通らないか、通っても非常に少額での融資となるようです。3社で10万ずつ借りるぐらいであれば、1社で30万円借りたほうが次の審査を考えてみても、有利であることは間違いないようです。

 

・延滞しやすくなるリスクも高まる!

 

3社で10万ずつ借りていると、1社で30万円借りているよりは延滞しやすいという統計があるようです。そのため、今現在、借りすぎている場合は、延滞に気をつけてください。しっかりと自己管理して金銭をコントロールして、返済日に遅れないようにしましょう。3社で借りていて3社とも延滞してしまうと、今後やっかいなことになります。3社で延滞してしまうと、ブラックリストに載ります。ブラックリストは5年から10年経ったら消去されるのですが、それでも社内ブラックというものがあり、一度延滞した会社では信用情報のブラックリストが解けても、二度と借り入れできません。そのため、たとえばアコム、プロミス、アイフルで延滞を起こしてしまうと、もう二度とその会社では借り入れできなくなるのです。これが、アコムだけで延滞してしまったのであれば、信用情報のブラックが解けたら、今度はアイフルで借り入れすればいいだけの話です。延滞しそうなときは、あとあとのことまで考えられないと思いますが、あちこちで借りてあちこちで延滞してしまうよりは、迷惑をかける範囲内が小さいほうが、まだ影響が少ないといえるでしょう。

 

・借りすぎを予防するためにも、1社でまとめるのがおすすめ

 

3社で10万ずつ借りていると、いつのまにか3社で30万ずつ借りていることになりかねません。カードローンは、いったん契約すると、自分の口座残高が増えたかのように錯覚してしまいがちです。ですが、カードローンは借金です。借り入れのため、慎重に使っていく必要があります。3社で10万ずつ借りている場合は、ついつい、「あともうちょっとだけ・・・」という風になってしまって、借り入れが膨らんでしまうことが起こりがちです。そうしたことを防ぐためにも、カードローンの借り入れは一社にまとめて、計画的に使っていく必要があります。

 

・信用情報と利便性の双方の観点から、カードローンは一社にまとめるのが最良

 

信用情報の点、すなわち、審査の通りやすさの点から考えてみると、カードローンは一社にまとめて借りておいたほうが、有利に働きます。カードローンの審査では、他社借り入れ件数を必ず聞かれるため、件数が多ければ多いほど、損となります。それがたとえ、10万円程度の少額の借り入れであっても、カードローンの審査では、他社借り入れの総額よりも件数が重視され、件数が多いと審査に落ちてしまいます。

また、自分自身の支払う総額を減らして、管理を簡単にするためにも、カードローンは一社にまとめるのが最善です。

もしも、借り入れをしすぎてこれ以上借りられない!という状態におちいってしまったら、おまとめローンなどを利用しても良いでしょう。おまとめローンは、今回ここに掲載したすべてのメリットを備え持っています。ただし、おまとめローンにすると、毎月の返済額が減るかわりに返済期間が伸びてしまい、完済したときにトータルで見てみると、かなり多く金利を支払うことになってしまった、という風になりかねませんので気をつけましょう。ベストは、今の状態で金銭管理をコントロールしながら返済していくことですが、なかなか管理がしんどくなってしまったら、おまとめローンを頼りましょう。

 

・まとめ:一社でまとめるほうがいい理由はコレ!

カードローンは一社でまとめたほうがお得だということがわかりました。理由は、

・金利が安くなり上限が増える

・それ以上の借り入れが困難になる

・信用情報にも記載されるので申し込みしづらくなる

・返済日が一本化される

・返済額における金利の問題

などが挙げられます。こうした事情を鑑みながら、上手にカードローンと付き合っていきたいものです。カードそのものは、何枚か持っていることは利便性の面からもいいでしょう。ですが、借り入れするのは出来る限り一社に絞りましょう。そのほうが、返済のためにも将来のためにも、お得なのです。